スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

遺跡の国⑤

先日、ピクおみウサとトーハク行ってきました。
本当は鳥獣戯画展見たかったのだけれど、どうにもこうにも行列凄過ぎて…
入るのに70分、中の甲巻見るのにも170分待ちとかで諦めました。

でも普通に本館見てきたけど、すっごく楽しかった!!
あんな安く色々楽しめるなんてお得。国宝だらけだし。
東洋館もクメール美術見れて満足。カンボジア行ってから、すごく好きなんです。

ということで、最後の旅行記です。


-----------------------------------------

朝も早く起きだす二人。4時代の起床です。
というのも、この日はアンコールワットに朝日を見に行く予定なのです!

予約しておいたトゥクトゥクに乗って、いざアンコールワットへ。まだ外も暗いです。

色んな国の観光客が、この朝焼けを見に一同に会する。
ベストポジションでカメラにおさめようと群がる人々(笑)
朝日鑑賞


どんどん空が明るくなってきて、およそ6時過ぎくらいに、こんな風に地平線から顔を出した朝日。
水面に映るアンコールワットもまた美しい。
朝日

ちょうど年に2回、春分と秋分の日にだけ中央塔から太陽が出るという不思議な現象があるらしいです。
この日は春分の日の2日後くらいでした。
朝日2

皆が皆、じっと息をのんで朝日を待つ瞬間。
朝の静かな空気。
朝日は絶対早起きして見る価値ある!

このあとアンコールワット近くで朝ごはんを食べて、いざ最後の遺跡巡りです。



まずやって来たのは、バンテアイ・クデイ。
バンテアイ・クデイ
「僧侶の砦」という意味で、かつて僧侶の学問の場だったと推測されているらしいです。
12世紀末の建築。
向かいには、スラ・スランというジャヤヴァルマン7世が改装した水浴場があります。

そして、こちらすぐ近くのタ・プロム。
タ・プローム

巨大なガジュマルの樹で知っている方もいるのでは?
遺跡に根が絡まっています。発見されたときのまま保存されているんですって。
根が遺跡を覆っていて、倒壊の危機にあります。
建築年は1186年。

上記の写真が一番人気の撮影スポットですが、それ以外にも遺跡中がガジュマルに覆われています。
その根っこに捕まるピク。どこか分かる?
蝉?

・・・蝉?

根っこの間に体育座りして、木霊ごっことかして遊ぶ。




こちらは、タ・ケウ。
タ・ケウ

975年に着工されたが、王の死によって未完のまま残されてしまった遺跡。

それにしても、このね、階段がですね。めちゃくちゃ怖いんですよ…!
わりと傾斜も急で、必死に這いつくばって登ったけど、降りる時も必死で、一段一段をひいひい言いながら下りました。
通りすがりにのぼっていくアメリカ人の身体でかいおじさんに、「Fight!」て応援されたw


最後は、プリヤ・カン
プリヤ・カン

建築年代1191年。
ここも、タ・プロムと同じでガジュマルによる崩壊の進んでいる遺跡です。
こうして、倒壊がどんどん進んで行って、いつかこの景色もまた変わって行くのかしら。

この遺跡には、こんな二重構造の建築もあって、これ好きでした。
プリヤ・カン2

アンコール遺跡群では、円柱の建物というのは珍しいそうです。
建築されたばかりの頃の姿を想像しちゃう。


このあたりは、他にもたくさん遺跡があるのですが全てを見る時間はなかったので、
いくつか絞って見てきました。
レンタサイクルで巡るなんてことも可能みたいです。


この日の夜ごはんは、またアモック食べる。何度食べても美味しい。
アモック

そしてホテルの屋上にあるバーでお酒飲んで最後の夜を過ごしました。
というか、夜の飛行機で帰国だったから、そのあと空港向かったのかな? もうだいぶ忘れちゃった。笑
もう2年前だものね。


こんな感じで、旅行記終了です。
なんかもう記憶のかなたに忘れ去られそうになりながら、じわじわレポしてたけど、もう自分の覚書になってる。

すごく暑かったけど、たくさん歩いてたくさん遺跡のぼったり下ったり(笑)して、美味しいもの食べて、
すごく楽しかったので、また行きたいです!

スポンサーサイト

カンボジア

遺跡の国④

よし、そのまま続き書きます。


シェムリアップに戻ったら、オールドマーケットに行ってきました。

オールドマーケット

地元の人も多い市場。
生鮮食品も並びます。果物の上にめっちゃ虫飛んでる。
果物

ここで果物買って帰って、あとで食べました。

果物

朝起きたら、横でピクが黙々と果物ナイフ持って格闘してた。

マンゴスチン

↑これ、マンゴスチン。
名前は聞くけど(ガムの味とかで)、本物見たの初めてかも。
食べ方分からないから、最初外の厚い皮むいて、この赤い部分出てきて、それピクが食べたんだけど、すっごい苦かったらしい。すごい渋い顔してた。

マンゴスチン2

白い部分は甘くて美味しかった


こちらは、リュウガン↓
リュウガン

これも初めて見る果物。
ぷるんとした透明な果肉、美味しそうですが、これは…うーん、もうあまり覚えてないけど、微妙だった記憶ある。


さて、マーケットに戻ります。
こんな、お魚コーナーもあります。
魚

しかし、この暑い中にどーんと生の魚置いて売ってて腐らないのだろうか…? 疑問。
このあたりはすごい臭いです。
というか、この市場自体、足を踏み入れた段階から、何か独特の生臭さがあって、それを辿って行くとこのエリアに着く。

他にも生活雑貨、スカーフなどなど売ってます。
客引きすごいので、ぐいぐいくる。あの粘り強さ、見習いたいものです。
腕掴んで離さないからね。すごい種類の色出してきて、どれがいい?って聞いてくれる。ユニクロ並みに色があった。
値段きいて去ろうとすると、じゃあ…て値下げしてくれたので、お土産用に購入。手触りいいよ。


このあとは、予約してたエステ行ってきた。
日本でもエステなんぞ一度も行ったことないのだが、せっかくなので。

frangipani spa

とてもきれいな店内で、お花を浮かべたお湯に足を浸して、優しくマッサージしてくれる。気持ちいい。
お部屋もすっごく可愛いです。

個室に案内されて、はい、じゃあ脱いでね!て放置されたんだけど、ピクと、

「おい、脱げって…どこまで脱げば…?」

てお互い顔を見合わせてもたもたしてると、再度入ってきたお姉さんに、
「パンツ以外脱いで~~!!」みたいなこと言われる。ごめんね…慣れてなくて…

すっごく気持ち良くて、うとうと寝ちゃいました。
お姉さんもすごく可愛い。帰り際には、お菓子とジンジャーティー出してくれた。これも美味しい。


リラックスしたら、夜はアプサラ・ダンスを見に行ってきました。

★アンコール・ヴィレッジ
所要時間1時間半程度。
11~4月は18時30分~、20時15分~の2回開催。

アプサラダンス

アンコール王朝時代に生まれた古典舞踏。
内戦時に大虐殺で多くの踊り子が命を奪われたそうですが、それを乗り越え、今も美しいダンスが受け継がれているそうです。
手の動きひとつひとつに意味があるんだって。しなやかな指先が美しい。
指先を、より反った状態で踊れる踊り子が素晴らしいと言われるらしいです。
カンボジア楽器の生演奏も聴けます。

ごはん

ごはん食べながら鑑賞。欧米の観光客もすごく多かった印象。
楽しい夜を過ごして、この日は終了です。



つづく。

カンボジア

遺跡の国③

また、すごく間があいてしまいましたが、さらっとレポ続き。
もう旅行覚書ブログみたいになってるね


2日目はオプショナルで郊外へのガイドをつけていたので、朝早くにホテルロビーで集合。
運転手さん+ガイドさん(カンボジア人だけど日本語堪能なお兄さん)+私たちの4人で車に乗り込む。
治安のこともあるし、道の状態も悪いのでトゥクトゥクやバイタクシーは避けてガイドをつけることがおすすめのようです。
車の中は冷房きいてて快適です。

遺跡までの道々、中心部では見れなかった生活の様子が見れます。
郊外へ

郊外へ2



★ベン・メリア遺跡

アンコールワットから約40kmに位置するジャングルに埋もれた寺院。
ベン・メリア=花束の池って意味なんだって。

遺跡には、こんな美しいナーガもいました。
美しいナーガ

だいぶ崩壊が進んでて、あちこちガジュマルに覆われています。
ベンペリア

この崩れた遺跡の中を、歩いて回るのでちょっと危なっかしい。
地元の子どもが思い切り走りまわってて、すごい。

ベンメリア2

どこかラピュタを彷彿とさせます。
モデルになったと噂はあるけど、公式ではないはず?

ベンメリア3

このあと移動して、次の遺跡へ。



★バンテアイ・スレイ

「東洋のモナリザ」と呼ばれる彫刻の残った、赤い砂岩に彫られた彫刻がとても美しい遺跡です。
私、ここすごく好きだった!

バンテアイスレイ

本当に、レリーフがとても精巧で、物語性に溢れてて、ほうっと溜息ついちゃう美しさ。

バンテアイスレイ2

東洋のモナリザ↓
バンテアイスレイ3

今は、遠目にしか見物できません。

レリーフ、どれもこれも素晴らしい。こんな彫刻が10世紀くらいに作られたのか…
バンテアイスレイ4
この上記レリーフが特に好き。

上・中・下と層に分かれて表現されていて、上段の象に乗った神(雷神?)が雨を降らせ、下に暮らす動物・人間・植物たちにその恵みの雨がもたらされる図。

こちらは中央祠堂
バンテアイスレイ5


さて、見学も終わったらそろそろ腹ごしらえ。
バンテアイ・スレイには屋台があって、ここでお昼を食べました。

飲み物にココナッツ注文したら、目の前で包丁で切ってくれた。
ここからストローで飲む。まあ、味は…特にこれといった感想がない味。笑
ココナッツ

でもでも、ご飯がすごく美味しい!!!!!!!
美味しい!

もうね、カンボジアのご飯すごく美味しいんだ。大好き。
アモックが本当に好き過ぎて、ピクとこの旅行中、見つけるたびに食べてた。

器に入ってる黄色いスープみたいなやつのこと。
魚のココナッツミルク煮。パクチーがきいてるので、苦手な人は駄目かもだけど、私はパクチー大好きっ子なので、至福。

スプーンは写真にあるようにコップに突っ込んで出てきた。
コップの底にお湯?水?が入ってて、そこに口付ける側がつかってる状態なんだけど、
そのコップの底に汚れこびりついてるの見ながら、「……(ま、いっか)」と思いながら食べる。

でも、基本きれいだし、とにかくご飯美味しい!!


お腹いっぱいになったら、このままシェムリアップへ戻ります。


つづく。

カンボジア

遺跡の国②

お腹もいっぱいになったら、午後はアンコールトムへ。


そう言えば、一つ前のに書き忘れたのだけど、アンコール遺跡の入場料は、エリア手前にチケットブースがあるので、ここで購入します。
1日券、3日券、7日券があるようです。確か3日券を購入したはず(40US$)。
郊外を覗く、すべての遺跡に使用できます。ブースでは、写真を撮って、パスケース作ってくれる。

そう言えば、トイレ行った記憶が全然ないんだけど、遺跡内のトイレがどんなだったか思い出せない。
もしかして、ご飯のときやホテルで行った以外で、トイレ行ってないのか??
でも、確かに暑さのせいか水分補給してもしてもトイレ行きたくならなかったんだよね。


さて、こちらが南大門。
南大門

アンコール・トムは一辺3kmの掘りに囲まれていて、東西南北と勝利の門の5つの門があります。
南大門から入るのが一般的とか(ガイドブックより)。
門に続く端の両側には、神と阿修羅の像が、ナーガを引き合っています。写真は右側の阿修羅像。

アンコールトム

どこから見れば良いのか分からず、ピクと二人で、ひたすら歩きまわりました。
中には袈裟を着た僧侶が歩いている姿もよく見かけます。

こちらは、中心のバイヨン。
クメールの微笑
巨大な観世音菩薩の四面仏塔が並び、それに囲まれている空間は圧巻。
「クメールの微笑み」と称される顔は、表情がとても柔和で美しいです。
一つひとつ、表情が違うのよね。

ここで、日本人のおじいちゃんおばあちゃん夫婦に会った。
何やら、旦那さんがすっかりアンコール遺跡にはまってしまい、何度もここに来ているとか。
文句言いつつ、毎回つきあってこの暑い中、旅行に来ている奥さま。とても仲がよさそうでした(^-^)


バイヨン

アンコールトム、とても楽しかった!!
個人的には、アンコールワットより、アンコールトムの方が好み!


さて、バイヨン以外にも様々な遺跡があります。

こちらが、象のテラス。
象のテラス

建築12世紀末。
高さ4mほどの壁に象やガルーダの彫刻が刻まれています。350mもこの壁がつづきます。

楽しそう

途中で何度か休憩をはさみながら、遺跡の間を歩いて回る。
細い道があったので入ってみると、こんなレリーフの姿も。蟹に乗ってる?? なんだか楽しそう。


ピミアナカス。11世紀初頭。
ピミアナカス

「天上の宮殿」とも呼ばれる、王宮中央に位置するピラミッド型の寺院。
王族が儀式を行う場でもあったそうです。

これ、のぼりました。

怖い~~!!

こ、こ、怖ぇ~~~~~!!!!!

たったこれだけの手すりしかないのに、この高さ。一歩踏み外せば、奈落の底感。やばい。ギリギリ。俺、生きてる!!て感じられる。

こちらは、バプオン。
パブーオン

建築は1060年頃。奥にある寺院へ向かうため、この長さ200mある空中参道を渡ります。
写真に、僧侶が写ってますね。皆さん、このオレンジの袈裟に身を包んでいます。

ところで、この写真。
でっか!!

とにかく、木が…でかいっ!とてつもなくでかい!!
矢印の先に私がいるのですが、なに、この対比…目を疑う。


さて、はしゃぎ回って、体力も消耗。
一度ホテルに戻ってから、着替えてナイトマーケットへ。
ナイトマーケット

16時~23時にオープンします。
土産物屋がずらりと並びます。マッサージしてもらったり、お土産を見て回ったりしました。
バーストリートにはお洒落なお店が並んでいて、ここで夕飯にしました。
店内には欧米人が多かった。

可愛いワンピースなんかも売っていて、いろいろ迷ってちょっと値下げ交渉なんかもして、ピクとそれぞれ一着ずつワンピースを購入。店員さんもすごく優しかった。
すごく着ていて楽なので、部屋着にしている。実際に、今もまさにTシャツの下に腰履きにしてロングスカートとして使用中。本当に楽。


こうして夜も更けていく。3日目は、郊外の遺跡に出掛けます。

カンボジア

遺跡の国①

ちょっとあまりにもブログ書かなすぎじゃない? って思って久々にログインしてみた。
一年ぶりくらい。誰ももう見てないから、書いても意味ないかもしれんけど…

まだ書いてなかったカンボジア旅行のこと書こうかな。
もう一年以上前なんだけど…だいぶ忘れたけど…。
2013年の春にピクと二人で行ってきました。

3月なんだけど、この時期は暑気にあたるので、すごくすごく暑いです。
4月くらいがMAXに暑いらしいんだけど、日中の気温が40℃くらいになるので、熱中症に要注意。
実際、私とピクは遺跡巡り中に暑過ぎて、だんだん意識朦朧として来て、目の前に目的の遺跡あるけど、それより先に見える売店まで水を買い求めに行くのを優先したり。とにかく、驚くほど暑いです。


韓国経由で言ったので、アシアナ航空。
韓国

初めて乗ったけど、ごはん美味しいし綺麗だし、乗務員さんの制服可愛かったし良かったです。
帰りの飛行機がなぜかビジネスクラスで、広々とした空間で食べたご飯がめちゃくちゃ美味しかった。

個人的に、これまで乗った飛行機、KLMが1番だったかな。


さて、シェムリアップ空港に到着。
空港
深夜の到着。
カンボジアはビザが必要。事前取得していなかったので、ビザカウンターで申請。
ずら~~っと横に長いカウンターに等間隔に職員が座っていて、左から右に向けてベルトコンベアーのように流されました。自分のパスポートがどんどん流されて行き、最後に名前呼ばれたら受け取り。
すごい投げやりな感じで職員のお姉ちゃんにパスポート渡される。
深夜までお仕事お疲れ様です。。。

必要なもの:申請書類、写真、20USドル


ホテルまで車で連れて行ってもらいました。
ホテル

<クレアモントアンコール>
スタッフ親切だし、良かった。清潔だし、クーラーもきいてて涼しく過ごせた。
洗面台とか風呂に虫いたけど、まあ、いるかな、くらいの感じ。全然きれい。

ホテル2
ホテル屋上からの眺め。東南アジアだなあと実感。
これまでの旅行とはまた違った景観。
ここで朝食。バイキングでいろいろ好きなのとって食べるんだけど、卵はスタッフが目の前で焼いてくれて、目玉焼きとスクランブルエッグど、どっちがいい? って好み聞いてくれる。

フルーツもある。
朝ごはん
もりもり食べる。

さて、早速外出です。
トゥクトゥク

これが、トゥクトゥク!!
事前にインターネットで予約していた業者のトゥクトゥクを一日チャーター。
目的地では、何時まで観光してるから、その時間にここで待ち合わせって話すると、ちゃんと待っててくれる。


さて!アンコールワットに到着!!

アンコールワット

建築は12世紀前半のクメール建築最高傑作。
西参道から入ります。上の写真は参道からの写真。これを抜けた先に、よくイメージする「アンコールワット」の中央塔を見た時、感動した!

アンコールワット

アンコールワットは、南北1300m、東西1500m、幅200mの環濠に囲まれた建築らしい。
とてもスケールがでかい。
ここを見学するだけでも、すごく時間かかるから3時間は見ておく。

第一回廊、第二回廊、第三回廊に囲まれていて、それぞれの回廊にあるレリーフの美しさに魅せられます。
インド古典叙事詩「マハーバーラタ」「ラーマーヤナ」だとか、ヒンドゥー教の神話「乳海攪拌」などの物語が刻まれているので、物語性もあって見ていて面白いです。
もっと詳しければ、より楽しいだろうな~~

レリーフ

これは「乳海攪拌」
ヴィシュヌ神を中心に、神と阿修羅が大蛇ナーガの胴体を綱に引き合い、その影響で海が攪拌して乳海となった。
その海から不老不死の薬アムリタができた…という神話。
なんだか、イザナギ・イザナミが宇宙をかき回して国産みした日本創造の神話を思い出すよね。

絵になる

灼熱の外に比べて、石造りの回廊の中は、影が出来てちょっぴり涼しい。
こんな絵になる写真も。

第一、第二と様々なレリーフを見て回って、最後に第三回廊へ。
ヒンドゥー教の神々が君臨するとされるメール山(須弥山)を表現しているという中央祠堂。

高さ13mの階段をのぼって第三回廊に入ります。
第三回廊

こ、怖い…。でもどこの遺跡もこんな階段だらけだったわ。
まだ手すりあるから、ここマシだった。

露出の多い服装はNGです。

アンコールワットからの眺望

第三回廊からの眺望。
なんて広大なの。

暑い暑いと言いながら、日焼けが怖いので基本、Tシャツに長袖羽織って、帽子かぶって過ごした。
汗ぬぐうのにタオル常備で、ずっと首から下げたり巻いたりしてたから、とにかく写真がすべてダサい。

犬もぐったり

犬もぐったりの暑さ。

ごはん

さて、腹ごなしにカフェモイモイへ。
ここは日本人経営らしくて、さすがに日本人多かった。きれいだし、店内もおしゃれで、ご飯も美味しい。
冷たいジュースを飲んで、ゆっくり休む。


午後はアンコール・トムへ。


つづく。
プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。