スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ巡り

カグラザカ

神楽坂 茶寮にいってきた。

柔らかい角煮が、がっつりのったキーマカレーと、生麩と抹茶の黒みつあんみつ。




moblog_aafe762b.jpg

食べ過ぎて苦しい。

今度はパフェや抹茶レアチーズも食べてみたい。

ドリンクも、あずきラテ・きなこラテなど和風のメニューがたくさんあって、どれにするか悩む。悩みすぎて、店員さん待たせすぎた(笑)

今回は、きなこと黒みつを入れて飲む抹茶豆乳ラテを注文。
器も手に馴染むまろやかさで、店内も証明おとした可愛い造りで神楽坂の奥に静かにたっているのが似合うお店でした。

すごく気に入ったから、また行きたい。
おばんざいや、うどんもあるよ。
スポンサーサイト

カフェ巡り

139

先日、東京に立ち寄ったポッキ~と一緒に渋谷ごはんしてきた!


センター街の先、ハンズの裏の坂道をのぼって横にそれたあたりに、ひっそりたっているお店です。
道の角に、可愛いお店の入口が待っています。


cent-trente-neuf(サントラントヌフ)




そのもの、ずばり「139」inフランス語。
イタリア語で「139」って、cento-trenta-nove(たぶん^^)なので、やっぱりあっちの言葉って似通ってるよね。

どうでもいいけど、見たとたん「イザーク!?」と思ってしまった私は負け組。


名前がフランス語なのは、もちろんお料理がフランスの家庭料理だからです。

残念ながら何を食べたのが、はっきり思い出せないので詳細は割愛しますが、どれも美味しかった!
まずは、ワインをボトルで頼んで乾杯。それとチーズの盛り合わせを食べながら、飲みやすくて美味しい白ワインでほんのり酔ってきたところで、魚介のサラダや、サーモン、鶏肉、リゾット、パン盛り合わせなど、次々と平らげました。

moblog_7a583c1c.jpg



肉料理を頼んだときに、店員さんが「パンつけますか?」と聞いてくれたので、ぜひ!とお願いしたら、先にきたパンをもりもり食べてしまって、気づいたら肉料理くるまえにパンがなくなっていたという^^
なので、再度頼みなおしました…パン美味しかったんだもん…

このお店、パンもたくさん用意してあって、スコーンもあるみたいだし、次はパンに挑戦したい。
むしろ、パンを買って帰りたい。入口に売ってたし。
デザートも美味しそうだったんだけど、今回ほとんど売り切れてて食べのがしました。残念。

フレンチだから、お高いイメージで今まで行かなかったんだけど、意外にリーズナブルですっごく良かった!
また行きたい。


ピクがやたらド鬼畜発言かましてて面白かった。

カフェ巡り

BGMの変な店

先週行った新宿カフェの写真をUPするだけして、そのまま放置してた…

最近、新宿でカフェ探すこと多いし、そのたびに困るので、とうとう新宿カフェのムックを購入!
それで見つけたのが、今回行った「phonic:hoop(フォニック:フープ)」。
場所は、新宿駅よりは遠く、新宿三丁目駅方面。C7出口が近い。





外観からして、すでにお洒落な夜カフェ。期待できます。
ここはランチタイムからなんと早朝5時まで開店しているお店で、終電逃したり、朝まで喋りたい人にはうってつけのお店なのです。




1Fと地下のフロアがあって、今回案内された地下。
地下に行きたかったから嬉しい。店員さんに、なかなか気づいてもらえないのではと思ったけど、よく階段のところから様子をうかがっているので注文に困ることもあまりないはず。

お洒落なインテリアショップに置いてそうな家具が、絶妙な間隔で置いてあって、一番奥の席だったのですが、写真の扉が壁に立てかけてあって、暗い地下のフロアで、ほんのりライトに浮かび上がる様が何ともいえず素敵。
古い洋館めいていて、とても好みです。




テーブルのライトも可愛い。
隣のはピクの飲んだミントのお酒。なんかミント系ばっかり飲んでたけど、このお酒のミントは主張が激しくって凄かった!!本当に凄かった!!

ご飯は、ペンネアラビアータやアボガドディップのバゲット、4種のチーズのピッツァ。
いろいろ食べた。美味しい!!
チーズの盛り合わせ、あと「マスター!ミックスナッツひとつ!」のミックスナッツ食べたぞ^^


しかし、BGMが特殊すぎて、一度気になったらもう流し聴きできなくて困った。
なぜそのBGMを選んだし^^みたいなのばかりだった。
幽霊の声みたいな音流れてると、このお洒落な照明の落とされた空間も、幽霊屋敷然としてくる。
この日が偶然そうだったのか、それともいつもこうなのか、確認したいです。


今度ぜひ、朝5時までこの店で語り明かしたい。
ランチもやってるし、仕事でこのあたりくるから、また行きたいな。

カフェ巡り

その他もろもろ

あとは、行ったけど特に写真もないので紹介してなかったカフェも。ついでに^^


<皇琲亭>
池袋東口、三越(もうないんだっけ?)の裏にある純喫茶。
この池袋の喧噪のなか、静謐な雰囲気の漂う店。高級感溢れてて、入るの戸惑う。

でも、ずらっと並んだカップと、店員さんがコーヒーを淹れてるのが見えるカウンター。
隣では何やら漫画家と編集が打ち合わせ中^^
茶色いテーブルに金メッキのトレーと砂糖壺。
ここまでレトロ感溢れる渋いカフェが池袋にあったのか…!

珈琲はお高いよ。いいのだと千円札飛ぶよ。
でも、それだけあって美味しいです!!チーズケーキなんて濃厚すぎてびっくりする。クリームチーズ系。
ここはまた行きたいんだけど、ひとりで入る勇気がなくてまだ行けてない。

池袋にある純喫茶風のカフェで、ジュンク堂近くに「珈琲茶房」ってあるんだけど、そっち行ってみたいんだが煙草煙いと小耳にはさんだので悩み中。
でも、素敵なカップで淹れてくれるんだって!
マイセン、ロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド!!
ウェッジウッドのカップの色合いが可愛いよ可愛いよ><


<BOWLS cafe>
新宿の有名なカフェ。
先日、ピクあこと行ってきました。

南口出て、マルイアネックス方面にずーっと歩いていくと、喧噪を離れた先に突然あります。
新宿ってカフェ少なくて困るんだけど、こんなところに良い店あったんだね。
小さな店内は、木の温かみのあるナチュラル系。
店員さんも可愛い。えへへ^///^

クランベリーのスカッシュを注文。甘くて爽やかで美味しい。
ミニカレーをそれぞれ頼んで、あとは食べたいサイドメニューをちょこちょこ。
ピクルス、トルティーヤチップス、カマンベールチーズ、サラダなど。
気づいたら、ここは居酒屋じゃねーぞ?と怒られそうな頼み方してて、帰りに三人で1万越えしててビビった。
それカフェで使う金額じゃねーよ!
でも、美味しいし、どれも食べたいんだもん。仕方ないよね。

特にカマンベールチーズ美味しくて、クラッカーに乗せてパクパク食べました。おすすめ!
また行きたい。


<本格珈琲 昭和>
池袋の喫茶店。
西口のマルイ近く。ZOZOIに向かって折れる道の途中にあります。
地下に入っていく小さな階段にはずらりと時計が並び、その最終地点にはなぜかデカい目がこっち見てる^^
不思議空間すぎて、足を踏み入れるのに戸惑うけれど、意を決して行ってみました。
ちなみにこの日は一人だったのだけど、ひとりで静かに時間を過ごせる良い店です。

店員はバイトっぽい若い女の子だったけど、可愛かった。はい、店員観察もナチュラルにやってます、すみません。

ここは珈琲メインなので、フードメニューは少ないんだけど、ハンバーグサンドが美味しいです!!
隣に座ってたのは、おじさまおばさま夫婦。
あまり、ごみごみしてなくて静かだし良かった。




あまり行かない地域に足を運びたいんだけど、ひとりだと寂しいので、また誰か一緒に行っておくれー!

カフェ巡り

かうひいや

続いては、やっぱり6月に鎌倉へ行ったときのカフェ。

<かうひいや3番地>
鎌倉の、大仏方面にある古民家カフェ。
わかりにくい場所にあるから、ちょっと迷う。注意。


moblog_cec6b95b.jpg

普通に住宅の中に、細い道行った先にある。
こんな小さな看板が目印です。


中は、古民家を改装した静かな喫茶店。
田舎のおばあちゃんちに来たような感覚で、一人でここでぼんやりしてたら、ノスタルジーに浸れそうです。
特に浸るようなノスタルジーないんだけど^^

縁側に開けた部屋に、テーブルとイスを並べたお店。
庭に面してるから、緑の茂った小さなお庭を見て読書するのに最適。
特にこの日は雨降ってたんだけど、その雨も似合う。
流れてる音楽も、テーブルが旧式ミシン台を再利用してるのも、どれも素敵。

あと、なんかトイレ長い(笑)

ここはネルドリップで丁寧に淹れたコーヒーを出してくれます。
作ってる台所も見える。いい人そうなおじさまがいたけど、店長かな??

友達と来るというより、ひとりでのんびり雨の日に文庫本を持ち込んで長居したい場所。
鎌倉なのが惜しまれる。家の近くなら確実に通った…!

プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。