スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス

紳士の国 5日目②

そろそろ終わらせようぜ!ロンドンレポ。

先日、安曇野へ行ってきました。
のんびり自転車で回ったのだけれど、これは良い。すごく楽しかった!!
また行きたい。沖縄の離島をレンタサイクル旅行なんてのも楽しそうです。

日本の好きな場所ランキングで自分の中で結構上位だな。
おすすめです。

レポはピクが書いてくれてます^▽^(また他力本願か)
花の宴-緋-


--------------------------------------------------------

5日目つづき。


ドーバーは、カンタベリーから電車で30分くらいだろうか?

ドーバー海峡横断部というと、懐かしい気持ちになるのだけれど、あのドーバーです。
このドーバーからフランスのカレーまでは34km
なんか、渡ってすぐ帰ってきたら日帰り可能じゃん?という誘惑に駆られる。
というか、ピクは最後まで迷ってましたけどね^^^^

昔から重要な要塞港だったそうです。

フランスに近いせいか、街中の標識看板の類が、英語とフランス語の両方で書かれていたりする。


Dover Prioryの駅に到着後、遠くに見えるドーバー城を目指す。

dover


しかし、行き方が分からない。

どうすればいいの?でも、ここから見えてるわけだし、目指して歩けばいいんちゃう?
という、テキトーな判断で進む。

バスで行くべきかもしれない。しかし、なぜか曖昧なまま歩いて進む三人。
そうこうするうちに、やっとこ到着したところ、掃除のおっちゃんみたいなのに、もう終了だと告げられる。


え、終了…だと?


なんと、私たち。あれだけ念入りに旅行準備を進めていたのに、肝心のドーバー城の開館?時間を調べていなかったのです。
迂闊としか言いようがない。

必死に、おっちゃんに見たいんや、とにかく少しでもいいから見たいんや!と訴えると、OKしてくれました。


やったー!!おっちゃんありがとう~~><


と、その先へ進むと、入口に警備員が立っている。

すると、今度はこの警備員に終了と告げられ、また同じことを繰り返す私たち。
本当にかなり必死だった。ここまで来て見れなかったとか悲しすぎる。

「ちょっと見るだけ」
「すぐ、すぐに戻ってくる!」
「10分!いや5分でいい!」

みたいに、訴えたものの、警備員は正しく警備員であった。
決してYESとは言いませんでしたorz

このときのピクの落ちこみようと言ったらなかった。
仕方ない。とりあえず海を見よう。

晴れていると、遠くにフランスの地が見えるという話だが、まあ、無理だよね。



dover

上の方に見えているのが、ドーバー城です。

ドーバーの白い崖はとても美しい。これを海側から見てみたいな~


港を眺めながら、駅へ。
帰りに、King's Cross駅へ行くことに。

ところで、どうでもいい話だけど、旅行中に何度も見かけたこの男。


chips

やたら見かけるから気になってスーパーで探したわwww

見つからなかったけどな。guilt freeということで、ヘルシーらしいけど。

http://www.mccain.co.uk/mccain-products/healthier-chips/rustic-chips/

↑これだ(笑)



さて、キングスクロスに来たのはもちろん、ハリーポッター目的です。
9と4分の3番線!!
もっと、分かりやすくドーン!と観光用に置いてあるとばかり思ってたらまったく見つからない。
駅員に教えてもらおうと、「あの~」と話しかけると…

「ああ、あっちだよ」

と、片手間な感じで場所を教えてくれた。

まだ質問してないけどな!

よほど、日本人観光客がこれ目的で来ているんだろうな。


さて、目的のものですが…

harry potter


なんか、めっちゃ、ちゃちry


ホームの脇の暗がりに、ぽつーんと存在しました。
周りに普通に自転車置き場が…あれ、すごく残念感が^^

でも、もちろんカート突っ込んでるふりで記念撮影。
「もっと、疾走感とともに」と無理な注文がきて、走ってる感出して何度も撮る(笑)



そんなこんなで楽しい最終日でした。
最終日なのに、夕飯がスーパーご飯だった。
でも、近くのコンビニではなくて、キングスクロスにあったマークス&スペンサーだった。
まあ、スーパー飯に変わりないし、買ったのもフルーツサラダ盛り合わせとパン。みたいな相変わらずな感じだったんだが。



これで、ロンドンレポ終了です!
もう半年以上経ってしまいました。だらだらレポですんません。

今度イギリスに行くなら、コッツウォルズや湖水地方に行ってみたいな。
あと、スコットランド!

イギリス

紳士の国 5日目①

さて、ロンドンレポのつづき…ですっ!!



-----------------------------------------------------------

5日目。


この日は、ロンドンの郊外に行くことしました。
遠出の候補はいくつかあって、

①パリまで行っちゃう(ドーバー越え★)
②ライ
③カンタベリー&ドーバー

日帰りでも頑張れば何とか…なパリも魅力的ではあったのだけれど、結果③に決定。
ライの町は本当に可愛くて、イメージするロンドン田舎の風景そのもの!
次行くなら、ライに行ってみたいです。


カンタベリーはイングランド南東にある街。
ビクトリア駅より電車で約1時間半。
そのあとドーバーにも行くので、ロンドンのターミナルからドーバーまでの日帰り往復切符を買います。
日帰りで往復だと、やや割安になる。

その区間で2か所行くって伝えると、「2-PART-RETURN」という切符をくれました。
これで、途中で一回下車してOKって意味のはず^^

map
↑プリントアウトしていったナショナルレールMAP。右下がDover。


電車の中でも切符確認に車掌さんが回ってくるけど、「どこで下車するの?」て言われて「カンタベリー」と答えると、タイトなスケジュールだね~~て笑われる(笑)


カンタベリーイーストの駅に到着。
カンタベリーはイースト駅とウエスト駅の二つがあるよ。

メインストリートを抜けて、向かうはカンタベリー大聖堂です。
ここは世界遺産にも登録されている、英国国教会の総本山なのです。

cantebury
入口のクライストチャーチ門。

中に入ると…

canterbury

でかっ!!!


写真だといまいち分からないかもだけど、なかなかの大きさのカテドラルです。
ちなみに入るのに券買うんだけど、ピクが「学生?」て訊かれてました笑


中はステンドグラスが美しく、とても広い空間。
のんびり見て回りました。
ここにはエドワード黒太子も埋葬されています。
ちょうど英仏百年戦争の本を読んだ頃だったので、エドワードの墓が見たかったのです^///^

カンタベリーは、中世の城下町の面影を残す街並みが素敵です。


canterbury
可愛いお菓子屋さんもあって、ずらりと並ぶ中からハリーポッターでお馴染みのタフィーやファッジを購入。
(しかし、ファッジは私は受け付けない味だった。物凄い甘い石鹸を食べてるみたいな印象)



ランチ。
★The Old Weabers Restaurant(http://www.weaversrestaurant.co.uk/)

The Old Weavers Restaurant

16世紀に建てられたという店。


The Old Weavers Restaurant
スープセット。

The Old Weavers Restaurant
これ美味しかったけど、ポテトの皮めっちゃ固くて食べるの大変だった…
またしてもナイフと格闘するアジア人。


隣の席の太ったおばちゃん集団がとても賑やかで楽しそうだった。
でも、食べるのめっちゃ早いんや…うちら、ゆっくりとろとろ食べてました。
次々新しい客入ってくるけど、やっぱり先に食べ終わる。


さて、次はドーバーです。


つづく。

イギリス

紳士の国 4日目②

山梨行ってきました。初の山梨!
見たかった富士山は、天候のせいで見れなかったけど、ブドウ狩りにワイナリーに、一竹美術館に温泉。
あと宝塚^^^^
諸々楽しめました~!

詳細はピクが書いてくれたので、そちらのブログへGO!→ 花の宴-緋-



レポをピクに投げたので(笑)
私は、また久々にロンドンレポ書きます。


-----------------------------------------------------------

4日目のつづき。

またしてもロンドン塔へやってきた一向。
夜の塔は、本当に何か出そうな雰囲気だったけれど、昼は観光客もいっぱいで賑わっています。

Tower of London

カラスもいて、のどか。

実は、このカラス。ただ飛んできただけのカラスじゃないのです。

「カラスがいなくなると、王室が崩壊する」

そんな言い伝えがあるため、この敷地内ではカラスが飼育されています。
専任の国王衛士はレイブンマスターと呼ばれているそうです。
かっこいい。
俺、職業レイブンマスターなんだ~~とか、何それ。職業エクソシスト並にかっこいい響き。



そんな、のどかな敷地内ですが…


torture


こんな拷問道具の展示もあったりする(ブラッドタワー内)

この拷問道具展示室の狭い塔内でいろいろ写真撮ったりしてたのですが。
帰った後写真見てたら、なんと偶然たま嬢の写真が怖いことになっていて、ホテルでガクブルしました。
ひぃぃ、偶然とは言え、場所が場所だけに怖ェェエ((((;゜Д゜)))

※ちなみに、なんか鼻が魔女みたいになって撮れてた。



ここから見えるタワーブリッジもきれい。

tower bridge



さて、朝チケットを取ったミュージカルを見るべく、トッテナムコートロードにあるDominion Theatreへ。


QUEEN

どーん!!とそびえるフレディ・マーキュリー像が迎えてくれます。



中はチケットを買うための行列でぎゅうぎゅう。
朝購入してあったので、そそくさと劇場内へ。

内容は、多分にSF要素を含んだ近未来舞台のストーリー。
ガリレオ・フィガロを名乗る青年と、スカラムーシュという女の子。
伝説のロックで悪の組織に立ち向かうというような内容。

まあ、ぶっちゃけ英語ほとんどヒアリングできないので、雰囲気だけで楽しんだのだけどw
それでも、十分楽しめた。

全編QUEENの曲で構成されていて、やっぱりあまり詳しくない私でも、楽しめる。
ピクが好きなので、横ですごい興奮気味なのが面白かった。
アンコールで、ば!と立ち上がって歓声を上げるピクに、びっくりした私とたま(笑)


とにかく、観客が凄い。
時には、観客総立ちで拍手、歓声、熱唱。

クライマックスの「We Will Rock You」のドン・ドン・パッ!のところで、観客みんなで足を踏み鳴らす。
ここにいる人たち、みんなきっとQUEENが好きなんだろうな~すごい熱狂でした。

日本でも確か上演してたはず。



興奮冷めやらぬままホテルへ戻る。

街歩きしてる際に買った可愛いカップケーキを食べようとしたところ、


cake



めっちゃ引っくり返ってたΣ(゜д゜)!


ショック…

なんとか救出して食しました。


cake


潰れとるけど、気にしない!!


ピンク、水色、黄色などのパステルカラーが可愛い。
まあ、食べ物なのにパステルカラーなのは、さすがと言いますか…

ぶっちゃけ砂糖やバターっぽさで、一個食べるのやっと、と言った印象。
とにかく甘ェ…デラ甘。

しかし、ピクが「私、これちょっと癖になる」とか言い始めて、正直彼女の味覚を疑った夜でした。

いや、一口、二口目くらいまでは、美味しいよ?←微妙なフォロー



五日目へつづく。

イギリス

紳士の国 4日目①

また早く目が覚めてしまいました。

先週、あこと死の秘宝part2を見てきたけど、とうとう映画も最後を迎えてしまいました。
原作読んでから、この気持ちを誰かに伝えたかったのに誰も読んでなくて、悶々としていたの。
なので、今回あこと話せて、すごくよかった~~

ハリポタって、さすがイギリス舞台なだけあって、どこか全体的に映画も薄暗い。
どんどん終局に向かうにつれて、ダークになっていくので、そこも凄く好みです。


------------------------------------------------------------------------

さて、ロンドンレポでも書きますか。

4日目

この日の朝食は、ノッティングヒルにあるお店へやってきました。

★Le pain Quotidien
http://www.lepainquotidien.co.uk/

ベルギーで創業後、世界中にチェーン店を持つパン屋さんです。

平日朝7時から開店しているので、朝食に最適。
ジャムの可愛らしい瓶が並ぶ棚や、メニューの書かれた黒板。焼けたパンの香り。店中央の螺旋階段。
どれも可愛いお店です。

クロワッサンにとろっと溶けたチーズとトマトを挟んだのを食べた。
美味しいけど、超食べにくい>クロワッサン

ピクが食べたScrambled eggs and toast↓
Le Pain Quotidien

一緒にフルーツサラダ食べてたけど、美味しそうでした。


このあと朝のアンティークマーケットを覗きに行きました。

Edgware Road

Edgware Road駅前の風景。
ひっそりとした冬の朝。

さて、辿りついたのはアルフィーズアンティークマーケット。
屋内マーケットで、一般向けというよりは、買付けに来る人向けのマーケットのようです。

布のお店で値段交渉している人たちがいるくらいで、本当に人が少ない。
好みとしては、グリニッジマーケットの方が楽しめるけど、これはこれでゆっくり見れて良いです。

絵葉書や冊子を購入。
ピクがピクパパ用にビートルズ関係の品を購入していました。


このあと、ちょっとある駅で途中下車させてもらいました。
これが見たかった!!

Baker Street


シャーロック・ホームズ!!!!

この写真のでかいホームズ、よくよく見ると小さいホームズの集合体なのである。


さて、レスタースクエア駅。
この日の晩に見るミュージカルのチケットをtkts取りに来ました。

ここで、地図とにらめっこ。
男性が親切にもどうしたの?と訊いてくれました。優しい。
道を教えてくれて、最後にたまの手をとって、チュ♪ってした!!!
すごい~~何だよ英国紳士~!!笑

tkts

ところで、このtktsをピクがwktkに見えるとか言うから、それ以降そう見えて困るw

「We Will Rock You」か「シカゴ」の二つで迷う。
協議の結果、「We Will Rock You」のチケットを購入。

私、次行くならシカゴ見たいです!!絶対かっこいい!!映画も大好き!!!
あと「ビリーエリオット」も!!映画「リトルダンサー」の舞台化ですが、この映画が本当に大好きなのです>///<
ただ残念なことにだな、あのめったに作品を嫌いと言わないピクがだな、この映画あまり好きじゃないんだ…。無念。


歩いている最中、なんかデカいものあると思ったら…

trafalgar square

トラファルガースクエアだった。
ネルソン提督像が50mもあるから、写真におさめるの大変(結局提督が切れた)


さて、昼ごはん。

Covent Garden駅近くのパブ&レストランへ。

★PORTERS
http://www.porters-restaurant.com/

shepherd'a pie

シェパーズパイを食べる。12.25£(HPによると)。
この一緒についてる野菜な。これな。

味がまったくしないんだわ(´Д`;)

これがイギリス料理の洗礼ってやつかい?
完全にゆで過ぎて、大事な栄養素が消えてしまってる気がする。テーブルの塩コショウで味付けして食う。
シェパーズパイ美味しいよ!

pudding

こっちはピクの食べてたプディング。




腹が膨れた一向は、ロンドン塔へ。


つづく。

プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。