スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル

草原の国 ゲル編

いつもの通り、1日目…2日目…とかの括りで書こうかと思ったけど、驚くほど日々変わりない生活してたから止めようと思います笑。

ということで、今回はお泊りしたゲルについて!


ところで、ブログ、仲間内の人もう見てないんじゃないかって思うのよね…笑



泊ったゲルの外観はこんなかんじ!

ゲル外観

ちゃんと鍵がかかるけど、面倒だし南京錠だし掛かりにくいから、基本遠出するとき以外は掛けてなかった。
同じ形のゲルがずらっと並んでるので、どれが自分のかわからなくなるから、ドアに目印つけておくと◎


これはツーリストゲルなので、本当に私たちみたいな旅行者用ですね。
遊牧民のおうちは、またのちほど。


中は、こんなかんじ。

ゲル

結構広い!


蛇口もついてるよ~

ゲル

けど、これは上のタンクに水を入れて出すという仕組みなので、自分たちでミネラルウォーターや食事のときにもらった魔法瓶のお湯の余りを入れたりして、歯磨きとか顔洗うのに使いました。

モンゴルは生水はダメなので、ちゃんとミネラルウォーターを飲むこと!
ここでは1日に1本のペットボトルの水がもらえたので、それとお湯の余りで十分足りました。
ちなみに、ビールもアメリカドルで購入可。
うちらは、カップスープとか紅茶とか持って行ってたから、お湯でそれ入れて飲んでました。


10月頃には雪も降ると聞くモンゴル。
私らが行ったのは9月なので、すでに結構寒いです。朝夕はダウンコート着てました。

ゲルの中では薪ストーブで暖をとります。

ストーブ

これがだな、結構あったかくて、というより熱すぎて…!
火を長引かせるために石炭を入れてくれるんだけど(薪係のおっちゃんがいる。朝突然入ってくる)、あまりに熱すぎてピクなんてキャミで過ごしてたよ^^

熱い熱い、と呟いてはゲルの中と外を行き来してました。


薪はおっちゃんがいないときは、台車で自分らで運んで、黙々と火をつける。
なかなかつかないけど、ちゃんとストーブがついたときは嬉しい。
ちなみに、マシュマロあぶって食べたらすごく美味しかった!!

けど、ストーブの上にアルミホイル敷いて餅焼いたら、瞬間に焦げて食べれませんでした…
あとで普通にフライパンで焼いてガナさんと食べた^^



ちなみに、気になるのはトイレ事情だと思うんだけど、このツーリストゲルにはちゃんとトイレついてます。

トイレ

男女でわかれてる。
水洗トイレだし、洋式です。中にすごい蠅とか飛んでるけど、それが平気なら問題なし。
ゲルの中にも、草原にも虫はいるので、ちょっとでも虫ダメ!!て人は無理かもしれない。
しばらくいると、でも虫なんて瑣末なことのように思えてくる場所です。
むしろ、この広い地球の中で、私らだって小さな生き物のひとつだよ…虫になりたい…みたいな気持ち…には、わりと日本で仕事に追われてる時も思ってるけど^^^^
(布団のダニになって、あたたかい日差しの下、干された布団から空に舞い上がって昇天したい、が口癖の私とピクさん。笑)


ちなみに、水洗ではあるけどティッシュが詰まりの原因になるので流せないよ!
一緒に置いてあるゴミ箱に入れます。要注意。


ただ、夜中はゲルからここまで50mくらいは離れてるので辿り着けない。
危ないし、夜はその辺の草むらでして、て言われました。

なので、夜はお互い「トイレ行ってくる!」てティッシュ持って、ささっとゲル近くの草むらで用を足す。
最初は戸惑うけど、そのうちそれも気にならなくなり、むしろ開放的です。
一度は、朝起きたら隣のゲルにいた親子が、ゲルすぐ横で並んでトイレしてて、お互いに「ぎゃ!!」てなった。


なので、トイレットペーパーとか、水に流せるポケットティッシュ系を持っていくと良いです。


スポンサーサイト
プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。