スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

SF

冬休み最後の一日は、借りてきた映画見てました。
この正月、ほんと外出しなかった。年末は友達と会うから出かけたけど、年明けいろいろ放棄した^^

「タイムライン」という映画を観たのだけど、舞台が1357年、百年戦争真っ只中。
もちろん、それが理由で選んだのだけど、この映画は歴史映画のつもりで楽しむよりSFモノとして楽しむ映画だなというのが感想。実際、SFコーナーにあったし。
まるで良くなかったみたいな書き方だけど、面白かったよ!SFモノも好き。

内容は、タイムトラベルものです。
ちなみに原作はジュラシックパークの人だよ。


タイムトラベルの事故で過去に取り残されてしまった考古学教授を救うために、その息子と考古学チームの面々が百年戦争中のフランスのとある地域に飛ぶ。
そこで、英仏の戦争に巻き込まれていくという話なのですが、ここでもやっぱりイングランド軍が悪役^^
この手の映画でイングランド主役だった映画、あまり見たことないぞ。

史実とはちょっと違って、あくまで作り話なので、この映画に出てくるような戦いはなかったようなのですが、当時の戦争とか、軍服とか、背景とか、そういうの楽しめる。

あと、主人公カップルよりも、脇役の友人マレクの恋の方がよっぽど見応えあった。
むしろ主人公必要だったの??と思ってしまうくらいマレクの方が大活躍だった。
タイムトラベルものの醍醐味な要素もありつつマレクがハッピーエンドになったから、それでよし。
しかし、あまり乗り気でないけど必要だからと付いてきたフランス人の友人が、フランソワという名前でフランス人とバレて、イングランド軍に殺されたのかわいそすぎる…
マレクもスコットランド人なので、発音でバレたけど何とか難を逃れる。当時イングランドとスコットランドも敵対してたので、敵の敵は味方の原理でスコットランドはフランスと同盟関係にあったわけで。

そういった時代背景が楽しめる映画でした。
歴史映画も結構好きなので、いろいろ借りてみてるんだけど、次は何を借りよう。
でも近くのレンタルショップ、そんなに品揃え良くはない。


だらだら正月気分のまま、仕事が始まるので身体がついていかなそう…
寝ると休み終わっちゃう!と子供みたいなこと思いながら、まだ起きてる。早く寝な…
コメント

なんで、イングランドは悪役になるんだろうね・・・。英雄的な人が少ないのだろうか。というか、周辺諸国に有名な英雄がいっぱいいて、その英雄の敵国がいつもイングランドだったのか。
眉毛、特別最低なことしてるわけじゃないよ、たぶん!

>ピク
英雄はいるんだけどね。不思議よね。
つっても、ぱっと出てこないけど。黒太子エドワードとか?
キングアーサー面白かったよ!あれも史実とは違った映画ではあったけど、結構好きだった。
イングランド主役の華々しい映画見つけたら教えてください^^

でもアメリカ映画とかで日本が悪役とかももちろんあるし、逆も然り。作る国によっても変わってくるのかなと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。