スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア

遺跡の国③

また、すごく間があいてしまいましたが、さらっとレポ続き。
もう旅行覚書ブログみたいになってるね


2日目はオプショナルで郊外へのガイドをつけていたので、朝早くにホテルロビーで集合。
運転手さん+ガイドさん(カンボジア人だけど日本語堪能なお兄さん)+私たちの4人で車に乗り込む。
治安のこともあるし、道の状態も悪いのでトゥクトゥクやバイタクシーは避けてガイドをつけることがおすすめのようです。
車の中は冷房きいてて快適です。

遺跡までの道々、中心部では見れなかった生活の様子が見れます。
郊外へ

郊外へ2



★ベン・メリア遺跡

アンコールワットから約40kmに位置するジャングルに埋もれた寺院。
ベン・メリア=花束の池って意味なんだって。

遺跡には、こんな美しいナーガもいました。
美しいナーガ

だいぶ崩壊が進んでて、あちこちガジュマルに覆われています。
ベンペリア

この崩れた遺跡の中を、歩いて回るのでちょっと危なっかしい。
地元の子どもが思い切り走りまわってて、すごい。

ベンメリア2

どこかラピュタを彷彿とさせます。
モデルになったと噂はあるけど、公式ではないはず?

ベンメリア3

このあと移動して、次の遺跡へ。



★バンテアイ・スレイ

「東洋のモナリザ」と呼ばれる彫刻の残った、赤い砂岩に彫られた彫刻がとても美しい遺跡です。
私、ここすごく好きだった!

バンテアイスレイ

本当に、レリーフがとても精巧で、物語性に溢れてて、ほうっと溜息ついちゃう美しさ。

バンテアイスレイ2

東洋のモナリザ↓
バンテアイスレイ3

今は、遠目にしか見物できません。

レリーフ、どれもこれも素晴らしい。こんな彫刻が10世紀くらいに作られたのか…
バンテアイスレイ4
この上記レリーフが特に好き。

上・中・下と層に分かれて表現されていて、上段の象に乗った神(雷神?)が雨を降らせ、下に暮らす動物・人間・植物たちにその恵みの雨がもたらされる図。

こちらは中央祠堂
バンテアイスレイ5


さて、見学も終わったらそろそろ腹ごしらえ。
バンテアイ・スレイには屋台があって、ここでお昼を食べました。

飲み物にココナッツ注文したら、目の前で包丁で切ってくれた。
ここからストローで飲む。まあ、味は…特にこれといった感想がない味。笑
ココナッツ

でもでも、ご飯がすごく美味しい!!!!!!!
美味しい!

もうね、カンボジアのご飯すごく美味しいんだ。大好き。
アモックが本当に好き過ぎて、ピクとこの旅行中、見つけるたびに食べてた。

器に入ってる黄色いスープみたいなやつのこと。
魚のココナッツミルク煮。パクチーがきいてるので、苦手な人は駄目かもだけど、私はパクチー大好きっ子なので、至福。

スプーンは写真にあるようにコップに突っ込んで出てきた。
コップの底にお湯?水?が入ってて、そこに口付ける側がつかってる状態なんだけど、
そのコップの底に汚れこびりついてるの見ながら、「……(ま、いっか)」と思いながら食べる。

でも、基本きれいだし、とにかくご飯美味しい!!


お腹いっぱいになったら、このままシェムリアップへ戻ります。


つづく。
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

空

Author:空
花の宴ではツッコミ担当。

最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。